ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

ハンギョレ新聞による日本の南西諸島軍事計画批判+北方

www.hani.co.kr

 

日本政府が中国を牽制するために、沖縄で尖閣諸島につながる南西諸島の島々に自衛隊基地を次々と配置している。このような日本の動きは、安倍政府の平和憲法改正しようとと重なり、東アジアで緊張感を高めている。ソジェチョル緑色連合の専門委員が自衛隊基地が建設されている日本の沖縄県宮古島を訪問した文を送ってきた。

 

 

去る10月25日に訪れた沖縄県の小さな島宮古島千代田地域では、日本の陸上自衛隊のミサイル基地建設が盛んであった。兵舎やミサイル発射台などが入る予定の工事現場は忙しくして見せた。韓国軍の連隊級駐屯地の規模よりも大きく見えた。遠くから見た時の軍事基地というより、大学のキャンパスや研究所を建設しているような風景だった。

 

 

「平和の島」に建設される軍事基地

 

宮古島は島のほとんどが平野台だ。それで日本防衛省は、敷地の整備が容易な、島の真ん中たゴルフ場を買い取って自衛隊基地を建設している。工事が始まったのは、昨年10月にある。千代田地域のミサイル基地が完成すれば、陸上自衛隊700〜800人が駐留することになる。この部隊は、最新型地対空・対艦ミサイルが配置される予定である。東シナ海の中国の戦闘機と軍艦を直接狙っする先端ミサイルである。

 

「中略」

 

沖縄の平和運動活動家たちは、宮古島の人々と協力して千代田ミサイル基地建設現場と見村弾薬基地建設予定地に毎日ドローンを浮かべ現場監視をしている。宮古島基地阻止住民連絡会議清水隼人事務局長は「日本政府は、地域活性化事業という名分を掲げ一方基地建設敷地を強制収容し工事を押し通している」と批判した。彼は「宮古島は太平洋戦争時も戦闘がなかった平和の島である。琉球王国時代から、中国と東南アジアと平和共存していた島」とし「安倍の執権以降が平和の島が軍事要塞になっている」と基地建設反対運動の理由を説明した。近年宮古島には、中国と台湾の観光客の流入が増加していることもある。住民は2015年、日本防衛省宮古島基地建設計画を公式発表した後、反対運動を続けている。しかし、宮古島市長が基地建設を収容し、日本政府が押し通すことができるようになった。「中略」宮古島自衛隊基地が推進されているのは、東シナ海の真ん中に位置しているからである。宮古島沖縄本島と台湾の中間に位置している。日本政府は、中国との尖閣諸島領有権紛争に対応して、中国の海洋進出に対抗するには名分の下、2010年ほど後に東シナ海と南西諸島の防衛力強化に拍車をかけている。以前までは沖縄本島のみ自衛隊基地があったが、日本の西のクトソムある与那国島をはじめと宮古島石垣島奄美大島などの島々に次々自衛隊の建設を進めている。沖縄県宮古島の中心部に
陸上自衛隊ミサイル基地建設中
島の端の村には、弾薬基地推進
ノヴァルー基地も10年ぶりに「変身」

 

尖閣諸島問題備えて
中国海洋進出けん制する目的
南西諸島の島々に兵力増強
自衛隊」最先端武器・装備で武装

 

 

2016年3月に沖縄県与那国島陸上自衛隊の沿岸監視部隊を新たに配置した。与那国ジマヌン台湾とわずか110㎞ほど離れた島である。周辺の海上と上空で活動する船舶や航空機をレーダーで監視する部隊だ。以後沖縄県宮古島と鹿児島県奄美大島のミサイル基地建設が推進された。先月29日には沖縄県石垣島にミサイル基地を作る工事を年内に開始する予定という報道が出た。このような一連の流れは、日本本土、九州の鹿児島県から沖縄県の島々が続く地域、すなわち南西諸島全体に自衛隊を前進配置して対中国の軍事阻止線を構築するという意図と解釈される。

 

さらに、日本防衛省は南西諸島にもっと本格的に戦略機動軍を強化する準備をしている。本格的な水陸両用作戦機能を備えた水陸機動団(海兵隊)の新設、固定翼哨戒機P-1とフライホイール哨戒機SH-60Kなどの導入などもつながる予定である。また、オスミグプ(1万5千トン級)輸送艦を上陸作戦に適合するように修理して、米海兵隊のみ運営する垂直離着陸輸送機オスプレイMV-22などを導入した。たとえ掲示される兵力数は多くないが、武器や装備、施設は、最高レベルである。

 

「中略」米 - 日の同盟と対中国の軍事戦略

 

日本の自衛隊は、海・空軍力が特に強い。日本の防衛白書とマスコミ報道などを総合すると、航空自衛隊は、主力戦闘機であるF15Jを200台以上保有している。海上自衛隊は対潜水艦作戦の触手とする対潜哨戒機を100台ほど保有しているが、これは世界で米国の次に多いのだ。韓国海軍の対潜哨戒機は16台。日本の海上自衛隊は潜水艦も16隻や保有している。旧型で新型に交換するサイクルが世界で一番短い。陸上自衛隊の戦車保有台数も750台を超える。自衛隊は兵力25万に過ぎない軍隊が武器や装備は、世界最先端を誇る。

 

日本は第二次世界大戦後作られた平和憲法に基づいて正式に軍隊を保持することができないようになっている。外国から武力攻撃を受けた時、最小限の防衛力だけイベントという原則を憲法に規定している。しかし、「自衛隊」は、すでに世界クラスの軍隊だ。核兵器と空母、原子力潜水艦程度ないだけだ。軍事分野の技術水準は、米国、ロシアの次に評価される。軍事費支出も韓国と北朝鮮をふわりと跳び越え、ロシアと中国に匹敵する。日本は中国など東アジアの主要国とは微妙な対立を立てているが、米国とは軍事的一体化を図っている。米 - 日の同盟は軍事基地の共同利用と共同訓練を基本とする。米国は、日本が南西諸島で自衛隊を増強配置する自分の金かけずに、中国の顎下でリアルタイム監視・牽制する効果を得ることができる。米国が望む軍事的利益の最大化と符合する。安倍晋三首相は9月の自民党総裁選で3再任に成功した後、平和憲法の改正を推進していることもある。沖縄県の小さな島宮古島日中戦争と太平洋戦争を起こした日本軍国主義の遺伝子がまだ完全に消えていないことを感じることができた。

 

宮古島/ソジェチョル緑色連合専門委員

원문보기: 
http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/869675.html?fbclid=IwAR3aweGuBE0X1Xtcd0PzXsR-73MDTJFxJ9-t8Ez3rwO78MfLNBCXosbV08k#csidxaf662503f40f3e9afb68e6ebf63b584 

 

Google翻訳を使ったので多少おかしい部分はあるだろうと思ってます。が、最後の「沖縄県の小さな島宮古島日中戦争と太平洋戦争を起こした日本軍国主義の遺伝子がまだ完全に消えていないことを感じることができた。」は納得いくかも

 

webronza.asahi.com

プーチン氏が抱く懸念

 プーチン氏には、歯舞・色丹を日本に「引き渡」せば、そこで米軍が活動するのではないかという強い懸念がある。首相周辺によると、これまでの首脳会談でプーチン氏はそう語り、安倍氏は否定したというが、この問題は安倍氏プーチン氏の信頼関係では済まされない難しさがある。

 というのも、日米安全保障条約6条で、米軍は日本国内のどこでも「極東の平和と安全」のために活動できることになっているからだ。日米地位協定2条は、米軍が使う施設や区域ごとに日本の同意が必要とは定めてはいる。だが、歯舞・色丹での活動に日本は同意しないということを、安倍氏の言葉だけでロシアは信用するだろうか。

 確実な保証は、日米間の文書で、「歯舞・色丹は安保条約6条や地位協定2条の例外」と確認することだが、それは日本にとって難しい。冷戦終結後も米国と様々な火種を抱えるロシアに配慮して日本国内で米軍の活動を制限すれば、日米同盟が揺らぎ、安保体制を弱めかねないからだ。

 56年宣言で「引き渡し」が明記されている歯舞・色丹をめぐってすら、交渉は難航しそうだ。そうなれば、明記されていない国後・択捉についても交渉の厳しさがさらに増すのは必至だろう。

国後・択捉は棚上げ?

 

日ロ両政府が認めるビザなし交流で択捉島を訪れた。散布山(1582メートル)をのぞむ草原=2016年7月、筆者撮影拡大日ロ両政府が認めるビザなし交流で択捉島を訪れた。散布山(1582メートル)をのぞむ草原=2016年7月、筆者撮影

「56年宣言を基礎に平和条約交渉を加速させる」(安倍氏)場合、国後・択捉に関するリスクは何か。前述のように、両島の帰属をめぐる議論が棚上げされて返還の望みがほぼ絶たれるか、日本がかなりの譲歩を迫られるか、である。

 

 現在、日ロともに国後・択捉の主権を主張しているが、実効支配しているのはロシアだ。日本が解決を急げば、よくて痛み分け、悪ければロシアに有利な形で決着することになるだろう。

 もし国後・択捉の帰属が日本に有利な形で決まるとすれば、それはプーチン氏が中国の浸透を懸念する極東・シベリアでの開発で、日本が支援に踏み込むなど、北方領土以外の分野で日本がロシアにかなり譲った場合の見返りとしてだろう。

「ちゅうりゃく」

 しかし、その手には反論が噴出するだろう。「それなら56年に平和条約が結べたではないか。60年以上も続けた外交努力は何だったのかということになる」と。対ソ・対ロ外交に腐心してきた外務省幹部らがずっと語ってきたことだ。

北方領土交渉を急ぐ首相の落とし穴 - 藤田直央|WEBRONZA - 朝日新聞社の言論サイト

 

勝のはほぼロシアだな。あくまで勘だけど