ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

ハーバービジネスオンライン版辺野古土砂投入社説

hbol.jp

headlines.yahoo.co.jp

https://hbol.jp/181422/2

辺野古基地の建設にかかるお金は、約2兆5000億円。よく面積を表現するために使われる東京ドームの建設費が約350億円と言われるので、東京ドーム71個分の税金が辺野古基地に作られることになります。

 

「中略」

 世界一危険だと言われる普天間基地を撤去するためには「辺野古基地を作るしかない」と言っていますが、実はこれ、「仕事を頑張るためには、休日にはキャバクラで遊ぶしかない」と言っているぐらいに因果関係がありません。もし「仕事を頑張るためにキャバクラに行く」と言ったら、いろんな人から「ただキャバクラに行きたいだけだろ!」とか「キャバクラに行かなくても仕事を頑張る方法あるだろ!」とかツッコまれると思います。同様に、辺野古基地を作るだけが普天間基地を撤去する条件ではないので、これはあくまで辺野古基地を肯定するために作られた口先だけのデタラメです。辺野古基地が完成しても普天間基地の撤去が約束されているわけではありません。それはかつて稲田朋美さんが防衛大臣だった時に認められている話です。

沖縄が見せしめにされ萎縮する地方行政

 

 アメリカ様のために2兆5000億円と言われる税金をかけて辺野古基地の建設が強行されるのは、「地元がどれだけ反対しても俺たちは強行するぞ」という安倍政権のメッセージです。沖縄の人たちに「テメエらがどれだけ騒いでも関係なく工事するからな」というメッセージを送るとともに、実は、全国の自治体に「沖縄を見ろ、逆らってもこうなるんだからな」というメッセージを送っています。そのため、先週から今週にかけて、さまざまな自治体の選挙が行われましたが、本来なら争点になるべきものが争点になりませんでした。

 12月16日には佐賀県知事が行われましたが、ここでは佐賀空港オスプレイを配備する計画があり、今年2月に自衛隊ヘリが民家に墜落し、パイロットが死亡する事故が起こったのに、これが進められる計画になっています。同日の逗子市長選でも米軍住宅周辺の開発問題が横たわっていますが、まったく争点にならないまま。「中略」

自民・公明・立憲民主・国民民主・社民・希望・連合宮崎が推薦する現職の河野俊嗣さんは、米軍のための弾薬庫について「国が決めること」という姿勢を貫き、県として抗議するつもりはないようです。このように、辺野古基地がもたらす影響は沖縄のみならず、実は全国に波及しているということを僕たちは知らなければなりません。

 

 

辺野古基地の土砂投入という「マウンティング」がこの国に落とす影 | ハーバービジネスオンライン

 辺野古基地の建設予定地は「マヨネーズのような軟弱地盤」と言われているところです(参照:辺野古新基地、地盤が軟弱か? 専門家「マヨネーズ並みの軟らかさの可能性」指摘ーー沖縄タイムス)。こんな所に大量の土砂を運び込み、人工的に埋め立てて滑走路を作っても、やがて地盤沈下して使い物にならなくなることが目に見えています。

 

「中略」

 普通の海に作ってコレなので、「マヨネーズのような軟弱地盤」と言われる場所に大量のコンクリートを敷き、滑走路を作れば地盤沈下をして、関西国際空港のように台風のたびに浸水して使い物にならない基地になる可能性は否定できません。「こんな使い物にならないんだったら普天間基地を使わせてもらうわ!」と言われたら、それで終わりです。

 誰でも簡単に想定できることを想定しないのは、しっかり機能する基地を作るつもりは最初からなくて、巨額の税金を投じて基地を建設できればそれでいいからです。どれだけ欠陥だらけの頭の悪い基地が出来上がっても、「こんなに使い勝手の良い基地はない」と大本営発表をすればいい。これは大量の税金をかけて作り、今まで以上に劣悪な環境になり、仲卸業者の商売が激減している「豊洲市場」とまったく同じ構造です。

アメリカ様によるリクエスト」という印籠を見せ、2兆5000億円の税金を投じる安倍政権。彼らはひょっとして「公共工事を作り出しているのだから景気が回復するだろう」みたいなことを考えているのかもしれませんが、それはみんなが等しく分け合った時代の話。今は大手企業が独占してしまうので、公共工事は一部の会社しかウマウマできず、景気の回復にはつながらないのです。

 

辺野古基地の土砂投入という「マウンティング」がこの国に落とす影 | ハーバービジネスオンライン | ページ 2

仮に木更津に基地ができるとしたら?

 

 僕は千葉県民ですが、例えば同じ県内の木更津に米軍基地ができるとして、辺野古基地に反対する人たちのように熱心に反対をするかと聞かれたら、たぶん、そこまですることはないだろうと思うのです。

 木更津にはオスプレイが配備される計画になっていますが、木更津の上を事故率の高いオスプレイが飛び交うことになっても、「アウトレットモールがあったり、学校があるのに飛ばしたらいかん!」とプラカードを持って基地の前に行くかと言われたら、そこまでではありません。オスプレイのような欠陥軍用機が飛ぶことには反対であるものの、基地の前でプラカードを持つほどではない。この感覚をそのまま沖縄に当てはめた時、多くの人が辺野古基地の前で抗議をするほど反対ではなかったとしても不思議ではないし、沖縄の人たちに「どうしてもっと辺野古基地の前に来ないんだ」とも思わなくなります。

 もちろん、自分の家の上をオスプレイが飛び回り、うるさい上に部品を落とされる可能性があるとなったら基地の前で抗議をするかもしれないし、米兵が関わる事件に巻き込まれた被害者の家族だったら、基地の前でプラカードを持つかもしれません。

 辺野古基地のまわりに集まっている人たちが、まるで「左翼活動家」だったり、あるいは外国人だったりするような印象操作を続けるネトウヨがいますが、そんなことはありません。多くの人が辺野古基地がない方がいいけれど、基地でプラカードを持って抗議をするほどではない」という中で、抗議をしている人たちはこの基地問題「他人事」ではなく「自分事」であるだけです。

 沖縄の歴史を見れば、つい2年前にだって女子大生が米軍関係者の男性にレイプされた末に殺害される事件が起こっているわけですし、その前はこんな事件がもっとたくさんありました。米軍機が墜落したり、部品が落下するような事故だって起こっていて、そういう歴史の積み重ねから基地の前で反対する人たちが増えたと言えます。「中略」 これを沖縄の人たちは「沖縄は差別されている」と感じるのです。しかも、差別しているのが一般人なら「どうしようもない奴もいる」ということで話は片付くかもしれませんが、日本の国会で仕事をしている政治家が率先してやっているのです。実はけっこう深刻な話なのです。

辺野古基地の土砂投入という「マウンティング」がこの国に落とす影 | ハーバービジネスオンライン | ページ 3

これから数年かけて辺野古基地の建設工事が始まります。最終的に2兆5000億円かかるという建設工事費は、群がる土木関連企業の皆様にとって、大変ありがたい利権です。

 もともと山の中に作られる計画だった辺野古基地を、もっと儲かる利権に変えようと海を埋め立てるものに変えたのは、アメリカ軍ではなく、日本の政治家です。

 美しい海を破壊することに何の罪悪感も抱かなくなり、世界はリアルな戦争から経済戦争へと形を変えようとしている中で、世界に通用する最先端の技術開発に税金を投じるのではなく、米軍基地建設という経済戦争にとっては何のプラスでもないどころかマイナスになる出費を重ねる時代錯誤の日本。

 本当は沖縄の民意を踏みにじってまでやるほどのことではないのに、目先の金儲けのためなら世界の経済戦争に敗れたとしても気にしない日本のメンタルは、相当ヤバいところまで来ていると思います。

 この経済戦争に敗れると、たとえ血を流すことがなかったとしても、国民が高い税金や高い食費に苦しみ、生き地獄のような生活をしなければならなくなるのに、目に見えない戦いの時代に対応できず、いつまでも戦闘機の発着陸に夢中の日本。どうしてこんな時代遅れなことが起こっているのかと言えば、パソコンも使えない、USBも知らないようなジジィがサイバーセキュリティー担当大臣をやっているような国だからです。「以下略」

 

辺野古基地の土砂投入という「マウンティング」がこの国に落とす影 | ハーバービジネスオンライン | ページ 5

 

感想(結論?)文が長すぎる!うえに、まるであきらめろとしか読めない!!虫けらだな選挙ウォッチャーちだい1!!!!!

 

おまけ

辺野古基地の土砂投入という「マウンティング」がこの国に落とす影(HARBOR BUSINESS Online)のコメント一覧 - Yahoo!ニュース

 

NUDA100l | 4時間前
普天間基地周辺住民の危険除去をする。
この目的を達成することが悲願のはずが、話は飛躍しイデオロギーやアイデンティーティや自然保護、地方自治のあり方にまで言及する始末。
何を優先するかにより結論は簡単に変わる。

「マウンティング」
大そうな言葉を使ってきたね。本当に「マウンティング」なら問題発生から20年もかからずに辺野古飛行場はとうの昔に完成している。20年弱説明に説明を重ね時間と手間を費やしたことを「マウンティング」と言うのは適当でない。紆余曲折がありながらも現在の結論に至った経緯を正当に評価するべきだと思う。

 

muhmuh |3時間前
文章が長い自己陶酔するタイプ。

 

hal |1時間前
だから、普天間基地の危険辞去の為に辺野古である必要も沖縄県内である必要もないにもかかわらず、なんやかんや理由を付けて、沖縄に基地を押し込める「愚」を語ってるのでは?

 

 

pnb***** | 36分前
これ程知らないのに、知ったふりすると、読んで面白かった。
千葉県民で、基地が無くて理解出来ないなら触れなければ良いのに。
なにも、アメリカ兵による事件は、沖縄だけでは無い。千葉県でないなら、千葉県だから無いのでは。
海の対岸の、横須賀、厚木などでも、普通の話しですね。
無知なだけです。
基本は、第二次世界大戦で敗戦している事が、発端となっているのでは?
平和条約調印や、日米安保条約など見方を変えれば、敗戦の流れを断ち切る事が出来ていないのでは?
ロシアとの北方領土にしても、政治家の怠慢で占拠されている竹島にしても。

辺野古の自然を語るなら、基地になる場所のサンゴ礁は、既に避難させて有ります。
ご存知ですよね。
そしてその移設関連工事では、確か6名の作業員の方々が、命を落とした。
国の工事としては、青函トンネルの工事につぐ犠牲者を出した。
国も、本気と言う事でな有りませんか?

 

ton***** | 4時間前
「木更津に作ると言われたらどうする?」とかいう仮定の話はナンセンス!!

議論すべきは安全保障の観点から「沖縄」という地理上の地点に基地が必要か否か、それに尽きる!!必要なら作らざるを得ないでしょう。

もちろん、基地を作る以上はその受忍に見合う対価は供与すべきであるのは当然のことだ。

「沖縄を見下してる」とか「沖縄に一方的に負担を押し付けてる」とか「金で片づけるのか」とか言いたい気持ちは分からないではないけれど、これはそのような情緒で解決できる問題ではないし、情緒で解決してはならないと思う。

 

ぶる | 3時間前
そもそも最初に辺野古と言い出したのは石破茂なんだからなぜここを選んだのか聞くのがいちばんだと思う!そして鳩山はなぜ県外といいながら辺野古に落ち着いたのか国民に納得いく説明をしなければならないね!

 

suz***** | 5時間前
普天間ができた頃 まわりは今ほど住宅が密集していなかった

普天間がなくなると、都合が悪い住民もいる

こういう事実は報道されないよね

 

ros |4時間前
沖縄県民です。
反対でも賛成でもありませんが、かつては密集地でなかったようなデマは流さないで頂きたいです。戦前は1万人程が住んでおりました。
戦前の村としては本土と比べても大きめですよ。学校や役所もございました。
後から来たのは米軍です。
フェアでお願いします。