ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

2018.12.18(火)

今週の「ゴー宣」は『不敬! 新天皇即位にバカンス』

 

(byよしりん企画・トッキー)

ゴーマニズム宣言』掲載
「週刊SPA!(12月25日号)」本日発売!

今週は第30章
『不敬! 新天皇即位にバカンス』

来年は5月1日の新天皇即位をはさんで4月27日から5月6日までが「10連休」となる。
というより、10連休を作るために、宮内庁が「4月1日」を希望していた(宮内庁が希望していたということは、天皇のご要望だと考えていい)即位の日を、5月1日にしてしまったとしか思えない!!

ところがこの10連休、朝日新聞調査では「うれしくない」が45%で、「うれしい」の35%を引き離した。
女性に限れば、「うれしくない」が51%で過半数、「うれしい」は28%!

若者層は58%が「うれしい」だが、そりゃ遊びたい盛りだから当たり前。
それよりも、10連休なんて生活が不便になるだけだと思う人だって大勢いるはずだし(私もだ)、主婦は夫や子供がずっと家にいて、かえって仕事が増えてたまったものじゃないだろう、53%が「うれしくない」だ。
仕事が休みになれば、その分収入が減るから困るという人だって当然いる。

とにかく連休さえ増やせば人は遊びに出かけてお金を使って景気が良くなるはずだという、バカみたいに単純な発想しかない政府や経済界。
その発想の元にあるのは、「日本人は働き過ぎだ、欧米ではバカンスの長期休暇をとるのが当たり前だ」という「海外出羽の守」である。

しかしこれは、「バカンスとは何か」も、「日本人と欧米人の労働観の違い」も一切考えていない、思考停止の発想なのである!

今週の「ゴー宣」では、「バカンスとは何か」と「日本人と欧米人の労働観の違い」を徹底的に説き、天皇即位まで10連休をつくるために利用してしまう、不敬極まりない安倍政権と、それに疑問を抱かない日本国民に筆誅を加える!

今週も、目から鱗がなだれ落ちるぞ!

 

単行本『ゴーマニズム宣言2nd season』
絶賛発売中!!
これも読んで目から鱗を洗い流そう!

今週の「ゴー宣」は『不敬! 新天皇即位にバカンス』

 

政権批判しよう!