ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

2018.01.20(土)

オウム系と共謀罪、どちらも警戒せよ

 

 

オウム裁判が終結したが、オウム系のアレフという教団は、今でも毎年100人の信者を増やしているらしい。
20代の若者が「ヨガ教室」から騙されて入ってくるらしいが、彼らにはオウム事件の知識すらない。
麻原彰晃への原点回帰も進んでるようだから、昔と全然変わらない。

オウム系のカルト集団がいるから「共謀罪」が役に立つと言う奴も出てきそうだが、それを言い出したら日本は監視社会になる。
むしろ「共謀罪」のために、オウム系の集団の危険性を公安警察が過大に宣伝している可能性もあると、疑っておく必要だってある。

来週発売の『新・堕落論』(幻冬舎)を描く動機は、「共謀罪」だ。
権力と個人の緊張関係を描く作品なだけに、頭の良さが必要な作品である。
分かってくれるかどうか、様子を見るしかない。

国家のために必要な組織は、「公」のために善きことをしている限りにおいて、敬意を持つが、同時に権力の手先として何をやらかすか分からないし、組織自体の存続が目的化して、国民を騙す危険性だってある。

権力の側の組織の悪を常に描いているのが『相棒』だ。
このドラマはポリシーがあって見事だ。

https://yoshinori-kobayashi.com/14892/