ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:æµ·ã空ãå±±ãå±å¤ãèªç¶ãæ°´åçã®èª¬æã¯ããã¾ããã

*再び、馬毛島種子島の、「巨大軍事島」建設への批判を喚起する!

自衛隊の南西シフトに関心を持つ人々の間に、馬毛島の軍事化に関する大きな誤りが見受けられますが、馬毛島での米軍のFCLPは、多く見ても年間1カ月程度です。この全体的計画の実態は、自衛隊の南西シフト態勢下の「巨大基地」(一大要塞島)です(南北4,220m×107m、東西2,290mx90mの滑走路)。

・「島嶼戦争」下の、先島―南西諸島への、「事前集積拠点」「機動展開拠点」「上陸演習拠点」であり、この上に空自F35Bの基地、F15の基地、海自対潜哨戒機(P3C・P1)の基地化まで発表されています。つまり、自衛隊の南西シフト態勢下の、「陸海空+米軍」の最大の基地が決定されており、宮古島石垣島・沖縄島などの基地化に反対する人々は、ぜひ、この実態を注視していただきたい。

 ――そして現在、馬毛島の年度内の売却成立・防衛省馬毛島調査開始へと動き始めています。しかし、馬毛島の行政区である西之表市の住民を始め、多数の住民が反対しています。馬毛島の要塞化は「種子島の要塞化」なのです。単なる無人島の軍事化ではない(この点も誤解が多い。馬毛島のベースキャンプは種子島です)。
[要約]
・南西シフト態勢下の陸自の「上陸演習拠点」
・南西シフト態勢下の陸海空の「事前集積拠点」(兵站物資)
・南西シフト態勢下の、機動展開=航空輸送拠点
航空自衛隊のF35Bの航空基地兼FCLP基地
・米軍のFCLP基地
・米軍オスプレイ普天間基地の訓練軽減基地
航空自衛隊F15の航空基地(F35B基地化を含むと予想される)
海上自衛隊対潜哨戒機(P3C、P1)の航空基地
災害派遣等の物資拠点(欺瞞的な!)

馬毛島配備部隊の、種子島への陸海空のベースキャンプ、米軍のベースキャンプ(「国を守る」他に明記)
十島村臥蛇島屋久島西)の射爆場化
 
 戦慄するような、陸海空自衛隊、そして米軍の、文字通り要塞島です。そして、重大なのは、この巨大基地に配置される自衛隊と米軍の要員。おそらく、米軍は100~300人規模と推測されるが、自衛隊は合わせて数千人は下らないということです。人口3万5千人の種子島に数千人の自衛隊と米軍!
 これは、南西シフト態勢下の、先島―南西諸島への最大の兵員投入です。メディア報道は、この点、全く不正確です。防衛省自体がこの全容を、7年前に公開していますhttps://www.facebook.com/groups/631952103603626/permalink/1347740408691455/

 

このブログ見て政府の公式サイトに抗議しよう!マジで。