ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

Yahooニュースコメ

www.gosen-dojo.com

Yahoo!ニュースは、報道各社のほかにいろんなメディアと
記事配信の提携をしているけれど、
「中略」結局は、
「アクセス数が多くて広告収入につながるネタ」の順位が
上がって重用されるようになっているサイトだと思います。

アクセス数を伸ばすことに大きな役割を果たしているのが、
ヤフコメ(コメント欄)です。
私は個人的にヤフコメは閉鎖したほうがいいと思っているけど、
差別や罵詈雑言やカルトの呪文を書き込みたいネトウヨ
たくさんいて、「中略」Yahoo!ニュースのアクセス数を
押し上げているわけです。
アクセス数が上がれば、広告収入が上がるという仕組みに
なっているから、Yahoo!ニュースとしては、ネトウヨ
反応する記事のほうがありがたいのではないでしょうか?
コメント欄による広告収入は、全体の1割ぐらいを占めて
いるという話も聞きました。
1割。10%です。相当な金額でしょう。

フジテレビ解説委員の平井文夫氏が男系固執派の妄言を
ばら撒く動画や、
小室圭さんのバッシングゴシップなどが目立つのも、
それがネトウヨの反応によって押し上げられているから
だろうと思います。

報道のプロが価値や優先の順位をつけて見出しを打つ新聞
とは違って、
ネットの世界を好きな人が価値づけ・優先順位を決定して
しまうのがネットの「ニュースを流しているサイト」!

Yahoo!ニュースの編集をされていた方の著書のなかに、
日本中、いや世界中の新聞が一面トップで
コソボ独立」を報じているのに、
「中略」そのコソボの記事が、
猫動画や、サッカーや、ゴシップ記事の中に埋もれていって、
ほとんど読まれなかったという話がありました。

ネットの記事は報道各社が提供したものから作られているのに、
ネットの記事だけを見ている人は、社会の王道から切り離されていく。
Yahoo!ニュースはタコツボ・フジツボ製造機の役割を果たして
しまっているんじゃないかと思っています。

 

そういやニフティニュースもコメント欄あったけど廃止されてたな!ネトウヨどもがくずコメしたのがコメント欄を廃止へ追い込んだ!?あと、exciteニュースのコメント欄(いわゆるエキコメ)もほぼ同じこと言えるかも。