ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

純血+小林よしのり

純血の意味は時代遅れ????

純血の意味などない | ゴー宣ネット道場

 

八村塁といい、大坂なおみといい、日本人との混血から
世界でスーパーな活躍をする若者が続々出ている。
短距離走でもサニブラウン・ハキームがいる。
大谷翔平だってあのスタイルはもう旧日本人ではない。
混血も普通だし、栄養も良くなって、新日本人の時代が
やってくることを予感させる。

こんな時代に「血統」とか「純血」とか「血脈」とかに
こだわってる奴を見るとイカレテルと思う。
「ワンドロップ・ルール」の「血」で民族主義を唱える
連中もあほくさいし、日本会議みたいに、よりによって
「男系血統」とか「Y染色体」とか「旧宮家血統」なん
て言い出す輩はもう野蛮人にしか見えない。

「中略」

「血」には特別な意味がない。個性もない。
輸血可能。「血」は血でしかない。

 

www.gosen-dojo.com

 

確かに日本人のほとんどが混血だとも、純粋な日本人は20%しかないともいわれてる。もう手遅れともいえるかもしれない。…があえて言おう、純血とか言ってるやつはいかれてるとか言うなよしりん!気持ちわかるけど。