ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

小林よしのりによる立憲批判

www.gosen-dojo.com

 

井上達夫氏から一斉メールが送られてきたが、脱属国の
ための憲法改正の必要性を訴えている。
左右を問わない日本人の米国信仰が、対米軍事属国化と
「無法な軍事国家化」を招いていると。
憲法9条こそが危ないというのもよく分かる。
井上氏は全くニヒリズムに陥っていないので凄い。

今の政治状況では、参院選で安倍政権が勝った方がいい
のかもしれない。
憲法改正が現実味を帯びて来なければ、国民は思考停止
したままだろう。
野党が自ら憲法改正を言い出すとはとても思えない。

15%くらいの支持率があった立憲民主党は今や5%まで
落ちていて、3分の2の保守層を逃がしている。
もちろん立憲民主党が左翼化したからだ。
自分では分からないのだろうが、左翼化している。「中略」

保守とリベラルの意味すら、不明になっている現在では、
「頼りになる」「頼りにならない」の価値判断しか国民は
持っていないのかもしれない。

大文字の政治目標、国家ビジョンは、実はリベラルで
あってもいいのだが、それを訴える人物や政党が、
左翼体質であってはダメなのだ。
「偽善」に見えてしまう。
「頼りにならない」と見えてしまう。
この辺の按配をもっと考慮しなければ、安倍政権には
勝てないし、偽善リベラルは信頼されないのではない
だろうか?

 

なぜ立憲民主党は支持率を落とすのか? | ゴー宣ネット道場

 

なんとなく野党に皮肉を込めて物申してるようにも読めるのは俺だけ?