ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

サンデー毎日+ジムロジャース

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:1人ãã¹ãã¤ã«ããã­ã¹ã

f:id:davidsunrise:20190802191218p:plain

悲劇はまだ続くy?

headlines.yahoo.co.jp

 

「日本が抱える最大の問題は人口減少だ」。投資家のジム・ロジャーズは、最新の著書『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』で、そう問題提起する。そして、この問題を解決するためにわれわれがなすべきことは何なのかを探る中で、女性の社会進出が重要なファクターとなる、日本が今後も経済大国としての地位を享受しつづけるためのプランを提言する。「中略」■「人口減少問題」を解決するプランBを探る

 日本が抱える最大の問題は人口減少だ。

 過去50年間に日本人は勤勉に働き繁栄を築き、世界第2位の経済大国の地位に上り詰めたが、それは人口が増えていた時代の話だ。このままでは今後同じような成功を享受できるとはとても考えられない。

 しかし、プランBはある。国境を開き、支出を削減する――。そういった抜本的解決策を提言したい。

 日本政府は、少子化対策として効果がありそうなことは何でもやるべきだ。日本に最も必要なのは赤ちゃんなのだから、子育てにインセンティブを与え、仕事と両立できる環境を整えるなど、とにかく何でも、だ。

 ところが、これは先進国に共通する現象だが、積極的に子を持ちたくないという日本人女性は多い。このこと自体は、私はある意味で素晴らしいことと考えている。仕事をしている実に多くの女性は有能で幸福だ。出産を諦めてまでも仕事に取り組みたい日本人女性がいることについては、私は日本経済を活性化させる原動力になり得ると考えている。

f:id:davidsunrise:20190802191542p:plain

ジムロジャース

ジム・ロジャーズ"移民が女性活躍の光に"(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース

 

日本経済の崩壊は、いよいよ目と鼻の先に迫っている―。この度、『日本への警告』(講談社+α新書)を緊急出版した世界的投資家が、いまだかつてない危機の全容を『週刊現代』で語り尽くした。

三つの危機的状況

もし私がいま10歳の日本人ならば、自分自身にAK-47(ロシアの自動小銃)を購入するか、もしくは、この国を去ることを選ぶ――。

現在の日本経済の惨状を目の当たりにして、私はこの意をますます強くしています。借金は雪だるま式に増え続け、高齢化はとどまるところを知らず、政治も問題を先送りするばかりで、打つ手を見いだせない。

くわえて、世界に目を向ければ、米中の貿易戦争が激化し、日本も重大な影響を被ることが目に見えています。

あまりの暗澹たる様相に、昨年の秋には保有していた日本株をすべて手放しました。いまは株であれ、通貨であれ、日本に関連する資産は一切持っていません。

それほどまでに、日本は絶望的な状況に置かれているのです。この10年間で中国を始めとした近隣のアジア諸国がどれだけ力をつけたかを考えれば、日本の凋落ぶりには、めまいを覚えるほどです。

このままでは、50年~100年後には日本という国がなくなっているかもしれません。なぜ、日本人はこうした現実を直視しないのか。皆さんにも、この危機的状況を理解していただきたいのです。

まず、直近の話から始めましょう。今年から来年にかけて、日本の景気衰退に拍車をかける出来事が、三つ連続して起こってきます。

10月の消費税の8%から10%への増税、2020年のオリンピック・パラリンピックの開催、そしていつ何時起こってもおかしくない「第二の世界金融危機」です。

一つ目の消費税に関しては、'14年に5%から8%に上げたときもクレイジーな政策だと思いましたが、10%などもはや正気の沙汰とは思えません。

増税して得た予算は、社会保障の充実に使われるとされていますが、まさかそれを本気で信じている人はいないでしょう。

二つ目、いま東京ではオリンピック・パラリンピックに向けてあらゆる建設が急ピッチで進められています。道路は改善され、真新しいスタジアムができあがろうとしています。

確かに、こうした事業に関わる人たちにとって、オリンピックは一定の経済的恩恵があるかもしれません。しかし、その効果はあくまで一過性のものです。

歴史的に見れば、オリンピックが国家にとって金儲けになった例は見たことがありません。持続的、あるいは中期的な効果はまったくないのです。

むしろ、たった1ヵ月のお祭り騒ぎのために、日本の借金は大きく膨らむことになる。宴の後にくる反動のほうがはるかに心配です。

建設業を筆頭にオリンピック・バブルの終焉で停滞、不振に陥る業種が増え、そのダメージは、消費増税とあわせて日本経済の致命傷になる可能性すらはらんでいます。

世界的投資家ジム・ロジャーズ「私は日本関連資産を全て手放した」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

 

アジア最貧国へ転落

日本は、21世紀に入ったいまも相変わらず外国人参政権を認めておらず、'18年には国連から「在日外国人に対する雇用差別、入居差別、教育差別がある」と勧告を受けているほどです。

その根底にあるのは、同質性の高い国民性や同一言語を当然のものと考える、鎖国以来の意識ではないでしょうか。

ここで思い出されるのが、かつてアジアでもっとも裕福な国だったビルマ(現・ミャンマー)のことです。

1962年以来、独裁政権によって支配され外国人を追放したビルマは、アメリカの経済制裁やインフラ不足を背景に、わずか50年のうちにあっという間にアジア最貧国のひとつへと転落してしまいました。「日本の場合は大丈夫」といえる根拠は、どこにもありません。

人口減少に、移民の受け入れの遅れ、そして巨額の公的負債―。ここまで指摘してきた危機に対して、私は15年も前から警鐘を鳴らし続けてきました。別に、予言という程のことでもありません。

なぜなら、こうした事実は足し算や引き算ができて、統計を見ることができれば、簡単に割り出すことができるからです。しかし、多くの日本人は、この現実から目をそむけてきました。

もう一度言います。皆さんはいまこそ問題を直視し、現実的な対策を取るべきです。自分や子どもたちの未来は、自分でしか守ることができないのですから。

世界的投資家ジム・ロジャーズ「私は日本関連資産を全て手放した」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(4/4)

絶望者だジムロジャースは!

絶望あおるだけの虫けら人間を野放しにしていいのか!?俺は許すことなどできん!!

 

おまけ

ジム・ロジャーズ"移民が女性活躍の光に"(プレジデントオンライン)のコメント一覧 - Yahoo!ニュース

 

sak*****

 |  

グーグルやアマゾンが、どれだけの雇用を潰してきたかということは考えに入れていないですね。
書籍店舗の倒産、書籍価格の崩壊にはじまり、消費物資にも追従して同じことが起こり、職を失った人のほうが得た人より多いのでは?だからこそ、安く売れるわけです。

unk*****

 |  

これから移民される方は、対外純資産が世界トップクラスの日本より、ワーストクラスのアメリカに移民した方が景気が下駄履いてる分マシなんじゃないか、と私は思うんです!!!

  • mar*****

     |  

    この人、日本をめちゃくちゃにしたいのかな? 移民はあくまで”低賃金労働者”としていれるのが、一番の目的。多少、社会が混乱しても、移民をつかって自分がもうかれば、その金で外国にでもすめば、あとは国が
    どうなっても知るかというスタンスかな、この人は?
    はぐれ、不良外国人みたいな人が自称”投資家”でグローバル化の美句
    をつかってそれぞれの国のオリジナリティを破壊していくいい例かと
    思います。 この人にインタビューする価値はないのでは??

    wiz*****

     |  

    やっぱり馬鹿ですよねこの老害

    mak*****

     |  

    移民というと聞こえがいいけど、
    低賃金で働かせられる人手を確保するために奴隷貿易をはじめろ、
    と言っているのに等しいんですよね。

世界的投資家ジム・ロジャーズ「私は日本関連資産を全て手放した」(現代ビジネス)のコメント一覧 - Yahoo!ニュース

roo*****

 |  

この手の発言は、

①安く買いたい時
空売りポジションで損失を抱えている時
③記者が欲しい内容でリップサービス

成功している時に、手の内をさらしたりしない。
本当に下げると思ってるなら空売りしているハズ。

考えを発言する事もあるが、自分の不利益になる発言は絶対にしない。
また、発言した後に、逆の行動を平然とできる投資家ならぬ投機家。

chi*****

 |  

外国人の参政権を認めたら、中国になる。人口を考えたら簡単に分かるやろ。この人も年やな。

hir*****

 | 

言っている事は正しい。
 国の人口が減って繁栄した国は、逆よりはるかに少ない。
 大規模にロボット導入でも無い限り、日本の衰退は確定事項だとは思うけど、最悪なのは少子化が顕在化したのに大胆に動かない政府だな。

pea*****

 | 

この人、前も日本株売っぱらったって言ってたっけ。

本当に日本市場を見限ったなら日本なんかほっといて、自分が投資している国、銘柄の分析に注力するだろう。

まあ、バフェットならともかく、このオッサンの言うことを真に受ける投資家も少ないだろうけど。

nar*****

 |  

流れはよく分かるが、移民受け入れはまた別の話。この人はポジショントークの人だと思っている。信用ならない人物。
金の為に他人に信用されない人間になるのは嫌だねぇ。

cat*****

 |  

この人以前から日本危機論を言っているが全然危機が来ないんだよね。世論を操作して一般投資家が投げ打ったところを安値買いをやろうとしたけど当てが外れましたね。

yas*****

 |  

この方の分析は耳に痛い事ではあるが傾聴せねばならないと思います。東日本大震災前に日経平均10000円前後でこうに有した株などは、中期のサイクルの中で日経平均で20000円以上になった今、すべて売却してしまうのは妥当な判断でしょう。
その一方でジム・ロジャーズ氏は米中の対立の中で中国にベットした方です。米国と日本が弱体化することによって一番利益を得る立場の投資家であります。ポジショントークとして疑念の目を持ちながら聞くのが一番正しい接し方だと思っています。

bt*****

 |  

この人は毎度同じことを言っているが、いったい何の意図があって何度もこんな愚かなことばかり発信しているのだろうか。

「消費税の10%への増税が正気の沙汰ではない」と言っていることだけは唯一同意できる点だが、あとはダメ。

>「先人たちがずっと先延ばしにしてきたツケをひたすら払わされ」

それはない。なぜならこれからも国債は借り換えを繰り返していくことは間違いないからだ。(利払いで毎年9兆かかっているのは事実だが)

永遠に先送りは継続するだろうし、それでなくても現在、発行済み国債の46%は日銀が買い取っていて、統合政府でみた場合、政府負債は半減している。将来的にはその日銀買取分の国債を無利子・永久債への付け替えで政府負債を実質的にチャラにする可能性だってある。

後半の「移民受け入れ論」は愚の骨頂。

それこそ治安は悪化し、国民は分断され、賃金の下落圧力がかかり、とんでもないことになる。

zha*****

 |  

日本という国は、簡単に滅びることはないだろう。教育水準が高く、科学技術の基盤もしっかりしている。ただ人口が減っていく中、経済力がだんだん弱くなっていくだろう。いま世界三位の経済力を持つが、10年後イギリス、ドイツと変わらない国力を持つことになるでしょう。ただ日本の国力を維持していくには、一定の人口がなければ難しい。これは政府が昔から考えてきた問題です。ただ特殊な文化があり外部者を排除する文化も相まって、外国人の移民労働者の受け入れに関して、国民の合意がなかなか得られていない。「研修生」とか「実習生」とかという名目で外国人労働者を受け入れているのはその表れです。

tk_*****

 |  

高齢化が進む以上、ハイパーインフレはいつかはやってくるでしょう。
安倍政権はその日を延ばす努力を続けていますが、先送りにすればするほどその落差は大きくなります。

これらはいわば公然の秘密であり、この人の言う内容の多くはもっともなことですが、
投資家にとって問題なのは、その日がいつ来るのかがわからないことです。

この人が、公然の秘密をあえて煽りたてるのは、きっと円資産の値下がりにベットしているからでしょう。
この人は、いつ来るかわからないその日が、今すぐであって欲しいのでしょうね。

syu*****

 | 

これだけ莫大な借金があれば誰が首相やっても同じ。

先送りすれば落差は大きくなると言うが、
かと言って近々に財政破綻させる訳にもいかんだろ。

少しでも先送りする間に奇跡を待つしかない。

こんな借金国の首相をやるなんて、火中の栗を拾うようなもの。

何も考えず何も対策せず、しても間違った対策で現実の苦境を招いた自分を棚に上げて政治批判ばかりする人の多い事。

円資産の値下がりやハイパーインフレが公然の秘密なら
資産の一部を外貨に振り向ければいい。

tak*****

 | 

今も日本が莫大な借金で悲惨と思われている方。

【日本 借金 嘘】で検索して勉強してみましょう

 

などなど・俺とほぼ同じだなジムロジャースは馬鹿だと。