ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

水道民営化

www.tokyo-np.co.jp

 

市町村が担ってきた水道事業の運営を民間にゆだねることができる改正水道法が今年中に施行される。水道事業の経営悪化、施設の老朽化が背景にあるものの、安全性や料金高騰などには不安も。水を巡る「公共」とは。

 <改正水道法> 昨年12月の国会で改正案が可決され、成立した。最大の変更点は、自治体が給水責任、施設の所有権を持ったまま、運営権を民間企業に売却する「コンセッション方式」を選択できるようになったこと(24条)。厚生労働省によると、浜松市など全国で6自治体が同方式の導入に向けて調査などを実施している。関係する政令や手引が今夏ごろまでに出される予定。

東京新聞:水道民営化が問う「公共」:考える広場(TOKYO Web)

 

◆国の水質研究に疑問 作家・椎名誠さん

椎名誠さん

写真

 日本は世界でも珍しい「国民皆(かい)水道」の国です。どの家でも蛇口から水が出る。しかも、そのまま飲める。

 さまざまな国を旅しましたが、明日自分が飲む水にストレスのない国はカナダ、ブラジル、インドネシアアイスランドぐらいです。枯渇や汚染など、水に危惧を抱いている国がほとんど。そこらの川や水たまりから飲み水をくむ国も多いんです。

 日本には梅雨と台風が毎年必ず来ますね。天からの水の供給は、アラブやサハラなどの砂漠地帯から見れば垂ぜんの的です。狭い国土の75%は山で、北海道から沖縄まで約二万五千本もの川が海に注ぐ。時々水害もあるけど、山、川、海と三拍子がそろい、小なりといえども水が循環している国なんです。「中略」

 水道民営化も非常に危険ですが、よく理解していない人が多い。国会は十分な検証がない段階で水道法を変え、きちんと知らせようともしない。民営化で、保証された水質をどのくらい確保できるでしょうか。例えば四国と北海道の山では水質も水量も違いますが、全国で均質な水道が維持できるでしょうか。

 もっと怖いのは他国からの水の奪取です。中国や欧州は水に一番困っています。日本は水脈が多く、簡単なボーリングでミネラルウオーターが取水できる。山を売りたがっている地主は多い。民営化になれば、全国各地で外国との合弁企業ができるでしょう。国土の水源を売り渡すことになりかねません。

 政府のやり方は欺瞞(ぎまん)です。水は人の命に関わることなのに、その対応や水質研究があまりにも安易すぎる。その一番の例は、福島第一原発事故による汚染水を海に流したことです。水に関しては、日本は思想性が破綻した愚かな国だと思います。

 (聞き手・谷岡聖史)

 

もしかしたらアメリカやロシアなども水の奪い合いに参加するかもしれない。

 

kokocara.pal-system.co.jp

headlines.yahoo.co.jp