ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

地球温暖化

news.yahoo.co.jp

 

今年もまた「異常な夏」は来るのだろうか? やがて「異常を異常と感じなくなる」のだろうか? 気象庁気象研究所などによる研究チームは最近、「地球温暖化の影響がなければ、2018年の日本の猛暑はほぼ起こらなかった」とする研究結果をまとめ、注目を集めている。それによると、「異常」は確かに忍び寄っている。頻発する集中豪雨、年々勢力を増す台風……。このまま地球温暖化が進めば私たちの暮らしはどう変わるのか。温暖化を止める手立てはあるのか。研究者らを訪ね歩いた。(文・写真:当銘寿夫/Yahoo!ニュース 特集編集部)

温暖化がなければ、昨夏の猛暑確率は0.00003%

2018年の夏は地球規模で暑かった。日本国内で東・西日本ともに記録的な高温となり、埼玉県の熊谷で最高気温 41.1℃を記録した。これは観測史上、全国1位。海外では、アルジェリアで51℃、米国カリフォルニアで52℃。ほかの地域でも、すさまじい高温が観測されている。

これまで、各地で発生する複数の異常気象を寄せ集めて「統計的に異常気象が増えている」ということは多くの研究で証明されてきた。しかし、ある特定の「異常気象」が地球温暖化のせいかどうかは、実は科学的に解明されていなかったという。それを初めて突き止めようとしたのが、気象庁気象研究所などの研究プロジェクトだ。ほかに東京大学大気海洋研究所、国立環境研究所、海洋研究開発機構が参加した。「中略」

研究プロジェクトは、2018年7月の「猛暑」を分析対象に選んだ。気象庁は、最高気温35度以上を記録した日を「猛暑日」と定義している。

研究では、まず、現在と同じような地球温暖化が進む世界を100パターン、温暖化が全くない世界を100パターンずつ作り、計200パターンの世界をコンピューターで再現した。そのうえで2018年7月の日本で、どんな暑さが起こり得たかを海洋研究開発機構スーパーコンピューターでシミュレーションした。

その結果、「地球温暖化がない世界で2018年7月の猛暑が起こり得た確率はわずか0.00003%」という答えが出た。逆に、温暖化が進んだ世界では「猛暑はかなりの頻度で起こり得た」との結論が出た。

「実際に観測された気象はいろんな偶然に左右され、確率的に起こり得た中のたった一つに過ぎません。それ以外にどんなことが起こり得たか。シミュレーションを増やして分析することで、確認できます」

さらにこの手法を使って、私たちが住む世界がどうなっていくかをある程度、見通すことができるという。

2018年の夏、全国に927カ所ある観測地点では、延べ6000回超の「猛暑日」を記録した。過去最多である。7月の1カ月間だけで、熱中症による死者数は1032人。7月の死者数としては過去10年で最多だった2010年の657人を大きく上回った。

気象研究所などのチームはこの「延べ猛暑地点」を軸に分析を進めた。

その結果、地球全体の平均気温が産業革命以降で1.5度上昇した場合、平均的な日本の延べ猛暑地点は3000を超えることが分かった。2.0度の上昇だと、4000地点以上になる。

つまり、産業革命以降の気温が「プラス2.0度」となった場合、過去に数回しか経験したことがないような猛暑が当たり前に起こるということだ。ちなみに、国連の気候変動に関する政府間パネルIPCC)は昨年10月、このまま温暖化が進むと、早ければ2030年に全地球の平均気温が産業革命以前との比較で「プラス1.5度」になると警告している。

今田さんらのシミュレーションが、現実味を帯びている。「中略」

環境省「全てをガラッと変えないと」

温暖化防止に関する国際社会の取り組みは現在、「パリ協定」を軸に回っている。2015年の国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で話し合われた取り決めで、世界の平均気温上昇を「産業革命からプラス2℃未満」にする長期目標を設定した。そのうえで「プラス1.5度未満」も努力目標としている。

日本は2016年11月にパリ協定を締結。同年5月、日本政府は「地球温暖化対策計画」を策定している。

計画は、温室効果ガス排出量の削減目標を数値で示した。2005年度との比較で、2020年度は3.8%以上減。2030年度は2013年度との比較で26%減、2050年は80%減とした。一方で、それらの目標の達成は「従来の取組の延長では実現が困難」とも明記している。「中略」

世界気象機関(WMO)がこの3月に公表した報告書によると、2018年は日本だけでなく世界的に高温で、地球の平均気温は過去4番目に高かった。水深700メートルまでの海水温は、観測データがある1955年以降最高を記録。熱波による死者は1600人に達した。

今年の夏も日本は猛暑になり、またも「異常気象」になるのかどうか。仮に猛暑にならなくても、温暖化のトレンドは変わらない

当たり前になっていく「異常気象」地球温暖化は誰が止めるのか - Yahoo!ニュース

 

おまけ。Faceによるコメント

 


小澤 一人
自然の摂理です。
二酸化酸素の排出理由のひつのに人間が挙げられますが、全体の割合から見れば、人類が滅亡しても止められません。

本当の現実を見れば何が
不都合か解ります。
いいね! · 返信 · 2週間前

菅沼 修
もう遅い!
今からすべての悪条件を止めたとしても、温暖化は直ぐには止まらない。
支那国を地球上から蒸発させても間に合わない。人間のエゴがある限り終末は来る。人類は結局のところ、動物以下、細菌並み!

↑まるであきらめろって言ってるようだなこのくず野郎!!!!!

 

Otoya Kanzaki
当銘 寿夫. 1982年生まれ、沖縄県出身。ジャーナリスト。沖縄県の地元紙、琉球新報で在沖米軍基地問題沖縄戦沖縄県出身者と東京電力福島第一原発事故の関わりなどを取材・報道した

少なくとも事実に基づく客観的な視点は期待できない記事ですね。気をつけて読んだほうがよさそう
コメントでもデータの作為的な選択が批判されてますしね

で、結局何もわからないから温室効果ガスのせいにするしかないんでしょう?ガスやめて電気にして火力発電やめて原発にする?

まぁ、人間が環境に適応していくことが一番大事なんでしょう

 

↑気を付けろってこと_?

 


Takashi Harada
2018年は地球の平均気温は過去4番目に高かったってそれいつの過去からのデータ?笑わせる。紀貫之土佐日記のころ土佐湾は海水面が高くて高知のかなり奥の方まで船でいけたそうですよ。当時かなりの温暖化だったようで。しっかり勉強してもっとグローバルな視野を持とうよ。

Eiji Yoshitome
一方が確率0.00003%でもう一方が「かなりの頻度」という対比の仕方には作為を感じてしまいます。「かなり」って人によって違うから。記事では数値で統一、比較しないとまずいと思います。

また、台風については南半球でも同等の変化が現れているか気になります。つまり、全地球の問題のはずが日本だけでの検証で判断されているというような。。。

以上、記事を読んでの感想です。

 

Ak Ha
自分の研究に都合の良い分析結果を公表して何が楽しいの?
台風の過去最大勢力トップ10は殆ど40年50年前です近年の台風なんて昔と比べたらショボイもんですわ(笑)

 

などなど