ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

グレーゾーン+アメリカ軍

www.gosen-dojo.com

アメリカは1900年代から現在までの100年間に僅か5回しか戦争をしていない。
と言えば、誰でも驚くはずだ。
しかし、アメリカの特殊作戦軍司令部(SOCOM)が2015年9月にまとめた白書
(White Paper,The GrayZone)によれば、過去100年間のアメリカの軍事行動のうち、
戦争に該当するのは2回の世界大戦、朝鮮戦争ベトナム戦争、そして湾岸戦争だけ。
ぴったり5回。

それら以外の57回の軍事行動は全て“戦争”未満の
「グレーゾーンの作戦(gray zone operations)」だったという。
グレーゾーンの範囲が尋常でなく広い(武居智久・齋藤雄介『海幹校戦略研究』9巻1号)。
わが国の「武力紛争には至らないような対立や紛争」(22防衛大綱)という概念規定とは
違いが甚だしい。「中略」

「米国では、政府内に…統一された定義があるわけではなく…曖昧な状態にある
のではないか」との疑念が示されている。
「この曖昧性がグレーゾーンにおける日米の共同した連携において潜在的脆弱性となる
可能性を否定できない」と(前出、武居氏ら)。

但し、グレーゾーンが「武力攻撃事態」「存立危機事態」の“手前”である限り
(手前でなければ最早“グレー”ゾーンではない)、わが国は憲法上「自衛権」を
行使できない(警察権の行使にとどまる)。
「中略」
勿論、米国政府との“非”軍事的な「連携」なら可能。
だが、その実効性はかなり限定的だろう。

Admiral Tomohisa Takei æµ·ä¸å¹åé·æ­¦å±æºä¹æµ·å° (USNavy Royal Navy Japan Maritime Self-Defence Force).jpg

「グレーゾーン」事態と米軍 | ゴー宣ネット道場

 

f:id:davidsunrise:20190830222732p:plain

海上幕僚長武居智久海将

衝撃受けた人いるかもね、アメリカ軍が戦争した回数が5回なのは。