ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

「育児は国事」は少子高齢化社会をつぶせるかもしれない?

www.gosen-dojo.com

「育児は国事」これは高森明勅氏の名言だ。

ただし、これを政治家が言えば、左翼が猛烈に反発
してくるだろう。
左翼はこの言葉を、「国のために産めよ増やせよ
号令した戦前の国家と同じ思想だ」といちゃもん
つけるだろう。
左翼フェミニズムなら、子供を産めない女性たち
への差別だと文句言う奴もいるだろう。「中略」

左翼もそうだが、政府も国家の衰退に加担している
のである。
そこがネトウヨ保守・安倍ポチ保守には分かっていない。

さらに共同体が崩壊した社会で、子供を育てる困難
さが極限に達しているので、男尊女卑では子育ては
不可能になっている。
新自由主義は自分の首を締め上げる愚策なのだが、
マスコミも知識人もそれを奨励し、国民も騙され
続けている。

そもそも子供を産み育てることは大事だが、近代化
した時代の中で、個人の生の充実を求めることを
否定することもできない。
自分で稼いで、自分の生をとことん充実させる
生き方は男女ともに許されるべきである。

それでは社会をどう再構築すればいいかというのは、
本来は政治家や官僚が考えなければならないのだが、
学者も含めて誰も考えようとしない。
我々が考えるしかないのではないか?

 

育児は国事は正しい | ゴー宣ネット道場

 

「育児は国事」は少子高齢化社会をつぶせる上に滅亡を止められるかもしれない。