ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

沢村直樹を知ってるかい?

君はどっちを信じるかい?沢村直樹のこと。

dic.nicovideo.jp

概要

在日韓国朝鮮人が有するとされる特権の止をする団体で、内外の機関メディアから極右[1]排外[2][3][4]組織と評されることもある内最大級の右市民団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の福岡支部長を長らく務めていた。

現在は同支部の元メンバーらが結成した「日本人が本気で怒る会」の代表および在特会から分した複数団体の共闘組織である「日本保守同盟_チーム零」の共同代表を務める。また団体の活動とは別に、ニコニコ動画YouTube顔出し政治評論動画の配信を行っている。

基本的な姿勢として「反中嫌韓リベラル・左の糾弾」といった右ネットユーザー(いわゆる「ネット右翼」)や在特会を始めとする「行動する保守」の活動家と共通する部分はあるが、それ以上に本来の保守思想の観点から新自由主義グローバリズム批判している。

そのため政治評論や宣の場で、保守的なイメージを持ちながら実際には新自由主義的な政策を強に推し進める自民党安倍晋三首相を厳しく批判している。こうした姿勢は自民党支持者からはあまり快く思われておらず、在特会に彼の更迭をめる意見が寄せられたこともあったという。

経歴

在特会時代

政治活動を始めた時期は定かではないが、2010年5月には在特会福岡支部運営として登用されており、同年11月には宣・デモに参加して得た感動を在特会公式サイト上にっている[5]。翌年2月中島部長が辞任・退会すると後任の支部長に抜され、以後3年間に渡り福岡支部を率いていくことになった。

部長時代には福岡県内での宣・デモ等を現場責任者として取り仕切ると共に、遅くとも2012年末頃までには支部アカウントを利用して自身の顔出し政治評論動画の配信を始めていた。ただ藤井義行・先崎の両副会長福岡県に在住していたため、実質的な支部内序列は第3位だった。

この頃から概要の項で述べた独自色を既に発揮しており、まだネット右翼層からの評価が較的高かった頃から橋下徹糾弾を率先して始めたり、安倍晋三首相事務所前で抗議宣を挙行したりと、単純な嫌韓・反リベラルに留まらない活動を展開した。ただこうした姿勢は在特会支持者の間でも評価が分かれており、批判の対となることも少なくなかった。

日本人が本気で怒る会時代

2014年3月沢村以下福岡支部運営は一斉に支部役職を辞任し、新団体「日本人が本気で怒る会」を設立。沢村が初代代表に就任した。また同様に集団辞任していた広島支部大分支部の元運営らが立ち上げた新団体との共闘組織として「日本保守同盟_チーム零」が結成され、こちらの共同代表にも就任した。この集団移籍劇の背景には運営方針を巡る先崎副会長との確執があったとの説もあるが、実情はに包まれている。

新団体では従来通り「嫌中リベラル・左の糾弾」という大きなテーマは引き継ぎつつ、TPP道州制移民受け入れ構想などを「日本の解体に繋がるという点で中韓リベラルと同根である」と位置づけ、これらの政策に対する批判をより重点的に行う姿勢を見せている。

現在

ただし、上記の事柄は昔の出来事であり、つい最近はデモ行進なども行っていない。
そのため、今現在の彼の雄姿を見ることができるのはネットでの配信ぐらいである。
また、上記の日本保守同盟は実質的に解散しており、お互い連絡も取りあっているかも定かではない。
jp氏もいなくなってしまったので、実質的に名前だけの団体という認識が正しい。

沢村直樹の主義主張

沢村直樹のは他の政治生主べてもとても特殊なものであり、あまりTVや新聞などで取り上げられないものばかりである。

そのため、既存のマスメディアなどでは見ることのできない、一変わった政治思想を見ることができるのが他の政治生主にはい特徴と言えるだろう。

権力者と気象兵器 

沢村直樹氏の言い分によると、権者は気兵器自由自在に操り、々人類が住んでいる地球の気などの自然を作り出しているという言い分

沢村直樹が敵対している政治家安倍晋三日本災害地震 台風   火山の噴火)のほとんどを作り出している危険な政治家であるという

なぜ、安倍晋三がこんなことをしているのかというと、友学園、加計学園問題の追及を逃れるために気兵器を使ったと言うのが沢村直樹氏のである

今のところ、政治家公文書に安倍晋三が気兵器を使えと言う記述があったとは見つかっていないが、近い将来見つかり、全員安倍が気兵器を使ったと信じるだろうと沢村直樹は思っているとのこと

権力者による人口削減

者(安倍晋三アメリカユダヤ人イルミナティ)などが人口を削減しようとしていると言う。権者は人口削減するためにあの手この手で人口を削減しに来ており、々庶民の身近なところだと

アポロ陰謀論

アメリカNASAが成し遂げた、アポロ計画は実は面着陸はスタジオで撮られたものであり、ほんとは面着陸なんてしていないと言う

兵器を作り出すアメリカだが、実のことを言うと科学は高くなく、面着陸する技術は持ち合わせていなかったようだ。沢村直樹の頭NASAをも出し抜くものがあり、ソ連JAXAでも気づけなかったアポロ面着陸のインターネットYouTube検索してたときに気づくほどである

そのため、彼の生放送面着陸は本当だったと書き込むと自民ネトサポという、不名誉な称号を与えられてしまう。そのため決して、彼の生放送JAXAHPソース面着陸は本当だったと書き込んではいけない、沢村直樹の逆鱗に触れることになるだろう。

千円札の富士山がシナイ山

沢村直樹のによると千円札の富士山は実は富士山ではなくシナイ山であると言う。しかし、これは沢村直樹のスカイプ友達のようずん氏によって否定されてしまった。これ以降、ようずん氏との仲は良くないようで、スカイプを受け付けなくなった。

安倍の不正選挙

安倍晋三は不正選挙を行っており、絶対に自民党選挙で負けることがいと言う。具体的にどのような手法なのかというと

  1. 投票の集計機械に小細工を仕掛ける(いわゆるムサシ不正選挙共産党と書いても自民党と名前が変わってが出てくるので、野党に入れても絶対に自民党が勝ち続けると言う。これによって、安倍総理は邪魔な野党を落選させている。
  2. 野党グル
    敵対していると思われている特定野党民主党共産党社民党等)は実のことを言うと、安倍の敵ではなく、安倍総理の味方であり選挙自民党を落とそうと野党に入れても何の意味もないと言う
    例え、野党の議員が議席を取ってもそれは安倍の手先であり安倍の言いなりで政治をしている

 

wjf-project.info

 

沢村一派を見限った日。
なぜ、今更過去の話をもちだすのか。それは、沢村直樹とその一派が、これまでさんざんデマを垂れ流し、人々に迷惑をかけてきた、そのことをまったく反省せず、その姿勢を一切改めようとしないからである。沢村直樹とその一派は、本日早朝の生放送(2017/02/18(土) 5:47開演)においても、「デマ流すなよ、なんてコメントがあるんだけれども、俺デマでもいいと思ってて。それで盛り上がればいいんだもん。それで沢村さんの放送にくる人が増えたりとかね」などという発言を行い、皆でそうだそうだとうなずき合う異様な有様である。また、沢村直樹本人が、いまだに、千円札の裏に描かれた山がシナイ山ではないことを認めてはおらず、湖面に映る山は富士山ではないと信じており、日本銀行はそのことを説明すべきだと言い張っていることも、同じ放送の中で明らかになった。情報の真偽を確認せず、事実無根のデマを拡散させて、そのデマを鵜呑みにする人々を増産しようとするカルト宗教のような活動を今後も続けたいのならば、沢村一派は、今、ただちに解散すべきである。

あれは、忘れもしない、今から一年前の2016年2月3日。

TPPに参加を表明した12ヶ国の代表がニュージーランドオークランドに結集し、合意に達したTPP協定に署名を行おうとしていた日の前夜のことである。

デマゴギスト・沢村直樹の一味、侍JPがこのブログにやってきて次のようなコメントを残していった。

TPP違憲訴訟の会について

TPP違憲訴訟の会が、反日団体のガス抜きの可能性があります。

●日時:2016年2月5日(金) 18:30~20:50 ※開場18:00
●会場:在日本韓国YMCA 9F 国際ホール
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/
●資料代:800円 ※定員100名(先着順)

2016年02月03日 (23時03分) : 侍JP

(出典: WJFプロジェクト「【再掲】日本人は愚かではない」2016年2月3日)


「TPP違憲訴訟の会」は、TPP参加各国の国民が、生活の安全を保持するために自主的に規制や法律を制定することを不可能にしてしまうTPPは、国民主権を定めた日本国憲法に抵触する貿易協定であるとして、裁判所に違憲訴訟を起こすことによって、日本のTPP参加を阻止しようとしてきた左派系の団体である。

国会の議席過半数が、TPPを推進する自民党公明党によって占められていた状況下では、日本の最高法規である日本国憲法に訴えることは、TPP条約の発効阻止を願う人々に残されていた最後の手段であった。

「TPP違憲訴訟の会」は、TPP協定の署名日翌日の2月5日に、TPP協定文の原文テキストを分析した報告集会を開催しようとしていた。

外務省ですら、国会議員が閲覧できるTPP協定文のきちんとした日本語の翻訳テキストを作成していなかった段階で、TPP協定文の内容分析を行った「TPP違憲訴訟の会」の功績は大変重要なものであり、その報告集会を、TPPに反対の声を挙げてきた沢村直樹とその一派は大々的に宣伝をして、協力すべき時だった。

その貴重な集会の直前に、沢村直樹とその一派が何をしたかと言えば、集会会場が水道橋にある在日本韓国YMCAだからというだけのつまらない理由で、「TPP違憲訴訟の会のガス抜き目的の反日団体だ」というあらぬレッテルを貼って大騒ぎをし、「TPP違憲訴訟の会」に対する信頼を貶め、TPPに反対する保守の人々が「TPP違憲訴訟の会」の集会に結集することを妨害し、ツイッター・デモまで開いて、「TPP違憲訴訟の会」のツイッターアカウントに「集会会場を変更せよ」などとバカげた要求を突きつけて、反TPP勢力の足をとことんまでひっぱった。

侍JPのばかばかしいコメントに対して、私は即座に次のように返答した。

侍JPよ

>TPP違憲訴訟の会が、反日団体のガス抜きの可能性があります。

くだらん。

私は大学受験で、水道橋の件のYMCAのユースホテルにとまったわい。

(ビジネスホテル代わりに利用しただけで、私は在日ではありませんよ。)

憲法の方が条約よりも上位にある以上、どこで集会を開こうと、日本国憲法によって、TPPを封じ込めるのは、最も正しいアプローチです。

参考記事
「なぜ、こんなことになったのか」(2)
http://wjf-project.info/blog-entry-982.html

バカウヨ頭のままで、TPPに反対する一般国民の足を引っ張るんじゃない。

沢村氏も含めて、何をくだらないことで大騒ぎしているんですか。

一般の人は「在日」がどうだとか気にしてないって。

あなたがたの「一般」が、ずれているんだよ。

侍jpよ
あなたが掲げている「脱二分化」はどうなったの

https://pbs.twimg.com/media/BoR79zUCEAABak4.png

「左翼」と呼ばれている人たちとも手を結ばないと、TPPなんかとめられねーだろ

2016年02月03日 (23時17分) : WJF

(出典: WJFプロジェクト「【再掲】日本人は愚かではない」2016年2月3日)


沢村直樹は、私の批判にも耳を貸さず、「TPP違憲訴訟の会が、ガス抜き目的の反日団体じゃないなら、靖国神社で反TPPの集会を開け」などと意味のわからないことを放送の中でわめき続けたため、私は次のような記事を掲げて、反TPP勢力の一致を保持するために、次のような明確な謝罪と訂正を行うように、沢村直樹とその一派に対して求めた。

きちんと、禊ぎをせよ。

沢村直樹氏と侍JP氏は、2月3日の夜、すなわち、TPP参加12カ国がニュージーランドでTPP協定文に署名する日の前夜、「TPP違憲訴訟の会」に対して、「反日団体のガス抜き」なる誤ったレッテルを貼って、ニコ生の放送、ツイッター、ブログなどで拡散させた、その事実誤認を認め、訂正し、謝罪しなさい。

TPP協定文よりも上位にある日本国の最高法規である日本国憲法によって、TPP批准・発効を阻止することは、反TPP活動の最大の正攻法であり、実効性がもっとも期待されるものです。

あなたがたが行ったことは、「TPP違憲訴訟の会」に対する名誉毀損であるのみならず、日本国民の手による反TPP活動に対する大きな妨害行為です。

国会議員全員の事務所に電話をかけてTPPに関する立場を問いただすという、沢村直樹氏が愚直なまでに行っているすばらしい活動に汚点を残さないためにも、きちんとした訂正と謝罪が不可欠です。

「自分たちは悪くない」と開き直ったり、なかったことにしてうやむやにしてしまえば、あなたがたの活動の信頼性はそこで失われます。

(出典: WJFプロジェクト「沢村直樹氏と侍JP氏は訂正し謝罪せよ」2016年2月6日)


侍JPは、最後まで謝罪することもなく、しらを切り通したが、沢村直樹は放送の中で「謝罪らしきもの」をしてくれた。

しかし、その謝罪は実に奇妙なものだった。沢村直樹は次のように謝ったのである。

「TPP違憲訴訟の会の集会会場が、水道橋のYMCAのユースホテル以外になかったのなら謝ります」


私はそのとき次のように思った。

おいおい、沢村直樹。そこが謝るポイントではないだろ。お前は次のように「TPP違憲訴訟の会」と視聴者に対して謝るべきだろう。

「TPP違憲訴訟の会」に対して誤ったレッテルを貼り、「TPP違憲訴訟の会」に対する信頼を貶め、「TPP違憲訴訟の会」が開催する集会を妨害し、日本の反TPP勢力の足をひっぱってしまったことを謝罪すると共に、これまで「TPP違憲訴訟の会」に貼った「反日団体のガス抜き」というレッテルを訂正します。この放送を見ている右派の人たち、保守の人たちは、これからも、「TPP違憲訴訟の会」に協力してください。


なんで、きちんと謝罪をせずに、問題をはぐらかすのだ、この卑怯者め。

だが、TPPがまだ日本に降りかかる懸案の問題であったときに、私はこの騒動を長くひきずって、反TPP勢力の分裂を大きくしたくはなかったので、沢村直樹の奇妙で姑息な謝罪を「いさぎよい謝罪」などと称えて、次の記事を掲載し、この問題をそれ以上は追及しないことにした。

「右翼」の殻をやぶれるか、否か。

沢村直樹氏がニコ生の中で、いさぎよく、謝罪してくださったそうです。

沢村直樹氏に訂正と謝罪を求めたのは、

条約よりも上位にある、日本国の最高法規によって、TPPの批准・発効を封じようとする「TPP違憲訴訟の会」の活動の有効性は、在日韓国YMCAで報告集会を開いた程度のことでは損なわれないこと。

「TPP意見訴訟の会」に「ガス抜きの反日団体」なる烙印を押し、その信頼性を失墜させることは、TPPを推進する勢力と戦っていく上であまりに損失が大きいこと。

反TPPの右派を結集させてきた沢村直樹氏が、TPP協定文書署名の前夜に、反TPPの主要団体である「TPP違憲訴訟の会」に対して、ツイッターデモという集団による攻撃をよびかけ、反TPP勢力の分断行為に走ったたことは、あまりに愚劣だったこと。

そのことを、右派の人たちに対して今や大きな発言力をもっておられる沢村直樹氏の口を通して、再度確認していただき、「TPP違憲訴訟の会」の信頼を回復すると同時に、あらためて、「TPP違憲訴訟の会」への結集を呼びかけていただきたかったからです。

沢村氏は、「報告集会の主催者が故意に在日韓国YMCAを会場に使ったのでなければ謝ります」という言い方で謝っておられ、また、相変わらず「TPP違憲訴訟の会は、靖国神社で集会を開くべき」となどと的外れなことをおっしゃっており、私たちが求めた意味での謝罪と訂正になっていないのではないかと指摘される方たちもいます。

「TPPと戦っていくうえで右翼・左翼は関係ない」

沢村直樹氏がかねがね語っておられる言葉の通りであり、そのためには、左派の人たちに集会の開催場所に関する配慮を求めていくのと同時に、右派の人たちも、自分たちの先入観や固定観念の中に閉塞するのではなく、自分たちの立場を超えて、より広い場所に自分を押し開いていこうとする姿勢が重要なのだと思います。

この点はWJFプロジェクトも同じなのですが、沢村直樹氏は、右派の立場に留まっているからこそ、右派の人たちに耳を傾けてもらえるという強みを持っています。

しかし、その強みは、右派の立場の外側にいる一般の人たちからは顧みられないという弱みにもつながります。

また、せっかく結集させることができた人々を、今回の出来事のように、「右翼」という殻の中に閉塞させて、「左翼叩き」の方向に誘導してしまうのでは意味がありません。

WJFプロジェクトも含め、沢村直樹氏やその周辺の人々の活動が、真に「右翼」の殻をやぶるものになりうるか否かが求められているのだと思います。

(出典: WJFプロジェクト「沢村直樹氏の謝罪」2016年2月8日 )


しかし、案の定、問題はそれで終わらなかった。

沢村直樹とその一派は、問題の原因をきちんと突き詰めて改めなかったがために、彼の放送は、その後も「デマ拡散装置」としての力をいかんなく発揮し続け、数々のトラブルを引き起こし、反安倍、反グローバル勢力の足を引っ張っていった。

侍JPが「てえへんだ、てえへんだ」といって、沢村直樹の生放送にろくでもないデマ情報や陰謀論ネタを持ち込み、沢村直樹がその情報の真偽を精査もせず、ひたすらうんうんと肯いて拡散させていくという愚行が、性懲りもなく繰り返されていったのである。

(つづく)