ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

ようこそユーヤ・ペンギンのハテなブログへ

用こそデイビッドのグータラブログへ。はてなダイアリーでも書いてるのでよろしく。

アフガニスタン・ペーパーズはペンタゴンペーパー図に値するほど政府のいわゆるやばい野望が詰まっていた!

アフガニスタン・ペーパーズをしってるかい?これを読めば日本が危険にさらされるかも。↓

www.gosen-dojo.com

アフガニスタン・ペーパーズ」と聞いて、何のことだかすぐわかる人は、どれくらいいるだろう?
これは昨年12月9日、アメリカの有力紙「ワシントン・ポスト」が報じたアメリカ政府の内部文書で、その内容は、もう18年にも及んでいるアメリカのアフガニスタンにおける軍事作戦や復興支援が、完全に失敗していることをアメリカ政府高官らが認識していながら、国民に隠蔽していたという、とんでもないものだった!
これはベトナム戦争時にニューヨーク・タイムズがすっぱ抜いた「ペンタゴン・ペーパーズ」に次ぐ大スキャンダルとしてアメリカでは問題となっているが、日本での報道はというと、一報が出た後は何にもなし!
これを他人事としていいのか?
アメリカが戦争を始めたら、必ず嘘をつく!
自国民でさえ、だます!
それなのに日本は、またアメリカが戦争を始めたら、アメリカの言うことをそのまま信じて協力しようというのか!?
日本のマスコミはなぜ、この問題をもっと報じないのか?↓

 

米で公開された「アフガニスタン・ペーパーズ」衝撃の中身|日刊ゲンダイDIGITAL

先月9日「ワシントン・ポスト」は、アフガニスタンでの作戦や復興支援に関し、米政府当局者が失敗を続けていることを認識しながら、国民に対して成果を上げているように装い、データの改ざんや隠蔽を行っていたことを示す文書を公表した。

 ベトナム戦争でも同様な欺瞞行為が行われていた証拠となる機密文書を「ニューヨーク・タイムズ」が1971年6月に公表した。それが「ペンタゴン・ペーパーズ」と呼ばれ、反戦運動ニクソン辞任の一因となったことと類似し「アフガニスタン・ペーパーズ」と称されている。この文書は米政府の「アフガニスタン復興特別監察官」が関係者約400人から聞き取り調査した2000ページの証言記録だ。「ワシントン・ポスト」は3年間の情報公開請求と法廷闘争の結果、入手に成功した。

 例えばブッシュ、オバマ政権でホワイトハウスの軍事顧問を務めたダグラス・ルート退役中将は「我々は何を成し遂げようとしているのか分からず、考えも方向性もなかった」と述べた。国務省アフガニスタン政策を担当したジェームズ・ドビンズ元特別代表は「我々は紛争の絶えない国に侵攻し、平和をもたらそうとしたが明らかに失敗した」と認めている。米国は2001年の侵攻以来18年も続く戦闘と復興支援に1兆ドルを費やしたが、それが大規模な腐敗を招き「アフガン治安部隊の司令官たちは兵員の数を水増しして数万人分の給料を着服していた」「募集した警察官の3分の1は麻薬患者かタリバンだった」などと現地でアフガン軍の編成、訓練に当たった米軍将校たちが述べている。

(3ページ目)米で公開された「アフガニスタン・ペーパーズ」衝撃の中身|日刊ゲンダイDIGITAL

 

今回、表面化したのと同様の米国の情報操作は、イラク戦争コソボ紛争、シリア内戦への介入などでも行われた形跡がある。米国は一方的なイラン核合意離脱による対立、革命防衛隊司令官の殺害でも、法的に無理な理屈で正当化をはかっている。

 集団的自衛権の行使、「同盟の深化」で日本も偽情報に踊らされる機会が増える。米国の情報や情勢判断をうのみにしない情報分析の姿勢と、その能力が重要であることを「アフガニスタン・ペーパーズ」は示している。

www.nikkan-gendai.com

 

日本のメディアよ!早く目え覚ませ!!